ジジの落書き(仮) ~ラブドールのレビューとか口コミとか何か色々~

ラブドールの中古買取店、ボクのLOVEDOLLの中の人にインタビューしてみた

つい先日、主に中古ラブドールの販売をしているキャッチミー・ドールのインタビューをさせてもらったばかりですが、その中に出てきた買取店「ボクのLOVEDOLL」が気になっている方も少なくないのではないでしょうか。

前回の記事をお読み頂いた方は既にお気づきかと思いますが、実際のところ、ぼく個人としても中古ラブドールの購入より、買取のほうに強い興味があります。

この前引っ越した際に大々的に整理をして3体ほどブログで里親募集したし、引っ越した後もTPEドールを2体ほどメーカーへ里帰りしたのに、いまだにフルシリ、TPE、布製あわせて7体いるんですよ。

これでも一応減ってはいるのですが、空きスペースができるとお迎えしてしまうという…。

そんな中、キャッチミー・ドールさんからインタビューのお礼メッセージと共に「ボクLOVEさんにも声かけて良いですか」的な提案をされたら、そりゃ飛びつくってもんです。
(インタビューしたら友達を紹介された。…テレフォンショッキングかな?)

というわけで、無事ボクLOVEさんとの連絡が取れたため、今回はラブドールの買取について、あーんなことやこーんなことを赤裸々に聞いてみたいと思います。

ボクのLOVEDOLLへのメールインタビュー

ご挨拶

この度はご丁寧なメールを頂きありがとうございます。

既に当ブログをご存知だったとのこと、大変嬉しく思います!
…一方で「ボクのLOVEDOLL」という名称自体は最近よく目にするなぁ~とは思いつつも、まさか7年も運営されている老舗とは知らず、赤面しております (*ノェノ)

そんな無知な状態でお恥ずかしい限りですが、拙いなりにインタビューを進めさせて頂ければと思います。

赤面させてしまい申し訳ありません!笑
ただいまご紹介にあずかりました、”歩く赤面メーカー、ボクのLOVEDOLL”です!
弊社はラブドールの買取を事業とし、ドールとのお別れやドールの処分をお手伝いすることを使命としております。本日は何卒よろしくお願い申し上げます!

お店の概要

さて、インタビュー記事ではどのお店にも聞いているのですが、まずはこの事業をはじめようとしたきっかけについて教えて頂けますか?

やはり新しい事業をはじめるときって何らかのきっかけがあると思うんです。そこからお店の考え方というか、方向性みたいなものが見えてくることもあると考えています。

ちなみに当ブログを開設したきっかけは「ラブドールのバリエーションが少なすぎる!」「ぼくが沢山のラブドールを楽しむためにもユーザーを増やさねば」と考えたからですw

きっかけは、廃品回収事業に携わっていた弊社の代表が、時折、放棄されたラブドールに遭遇したことです。ラブドールの存在は知っていたものの、これをどう処分すればいいのかわからなくて困ってしまったようです。

えぇぇ?!そんなことってあるんですね…。

当時はラブドールの知識など全くなく、マーケットの存在も知りませんでした。
しかし調べてみると、個人で廃棄するには業者の手を借りなければならないケースもあり廃棄に心理的な抵抗があること、さらに中古ドールであっても必要となさる方がいて、商品としての価値があることが分かったようです。
そこで中古ドール処分に困った方からドールを買い取る事業を始めようと考えたようです。

ドール好きが高じて仕事に、という話はよく聞きますが、別の業務(廃品回収)の最中に廃棄ドールに遭遇して…とは驚きました。
ネット上でも極稀に廃棄ドールに関する話題は目にしますし、知らない人からすると一見死体に見えてしまう場合もあり、ラブドール自体のイメージ低下にも繋がりかねません。
当ブログでも度々「不法投棄ダメ!絶対!」と言い続けていますが、こうしてその方面の本業の方が腰を上げてくれていたとは、ありがたいお話です。

運営会社に関する質問

貴店のHPを拝見した際、ちょっと気になったのですが、運営会社がふたつあるのでしょうか?

奈良県の井野産業株式会社と大阪の株式会社リリーフがあり、買取の送付先は後者になっているため、どういう繋がりになっているのか少し気になりました。

リリーフは井野産業株式会社と資本関係にある法人です!
ボクのLOVEDOLLの事業主体は井野産業株式会社で行っていますが、ネット事業の物流作業をリリーフがテナント契約しています。そのため、送り先がリリーフの物流センターになっています!
顧客の皆さまが安心してお申込み頂けるように、法的にも実務的にもクリーンに運営させて頂いておりますのでご安心ください!

あぁ~、なるほど。

どちらの法人もWebサイトがありましたし代表者の方が同じだったので、なんで分けてるのかなぁーと疑問に思いましたが、物流センターと分けられているのですねー。
それだけ中古市場の流通が多いってことかー。いやぁ想像もできない世界だ…。
変な質問をしてしまいましたw

宅配キットについて

事前に写真を送って見積もりをもらえる、というような話は聞いていたのですが、今回あらためて貴店のHPを見てかなり驚きました。「宅配キット」と「着払い」に。

小物の買取ならよくあるサービスですが、ラブドールで宅配キットを無償で提供してくれるって、正気か?!と思ってしまったのですが、これマジですか?w
しかも着払いで送って良いって…。

ラブドールが入るほどのダンボールを無償提供してもらえるのなら、いま物置に山積みになっている梱包箱が処分できるのでこんなに嬉しいことはないのですが…。

ちょっと意地悪なことを言うと、例えば今や10万円未満で買えるTPEラブドールも少なくないわけで、いろいろ傷んでしまった後に処分費用をかけずにボクLOVEさんへ送りつけちゃおう、なんて考え方もできちゃうわけじゃないですか。サービス内容をみてぼくのほうが不安になってしまいましたw

仰る通りでございます(笑)
出来ればダンボールをお持ちのお客様には、お手持ちのものに入れてお送りいただければ迅速に事が進みますし、何より当方のお財布には有り難いです(笑)
ですがラブドール愛好者の皆さまが抱える、ドールの保管やお別れ等の種々の問題を解決し、皆さまが新たな出会いを迎えるためのご準備に貢献することが私たちの喜びでございます!。。。と自身に言い聞かせて頑張っています!
いえ、本当にそう思っております!(笑)

わろたwww

いや、茶化してすみません。このインタビューはメールで質問と回答のやりとりをしているわけですが、この回答を読んだ瞬間、嬉しいやらおかしいやらで盛大に笑ってしまいましたw

実は宅配キットと言いつつ、なにか特殊な条件があってなんやかんや理由つけてダンボールを無償でもらえるケースは稀なんだろうと、本気で思っていました。

だって、ラブドールの重量に耐えられるダンボールって正直かなりお高いですもん。でも、マジなんですねぇ。

もちろん無駄にボクLOVEさんに負担をかけるつもりはないので、これからも出来る限り梱包箱は取っておくつもりですが、その心意気、感服致しました。

実際の買取事例について

キャッチミー・ドールさんのときにも聞いたことですが、買取可能なラブドールについて、より詳しく伺いたいです。

前回記事では「骨折や広範囲の色移りがあっても出来る限り買取金額を提示する」という頼もしい回答があったのですが、具体的にこんな例があったよ、という参考例を教えてもらうことって可能ですか?

特にぎりぎり買取金額を提示できた例や、ちょっとこれは買い取れなかった…なんて例を聞けると嬉しいです。

また、有償処分となる場合の金額の目安についても教えてください。

これまで、背骨が完全に骨折してしまっているもの、衣服の色移りが広範に及び刺青のようになっているもの、関節部が裂けて金属が露出しているもの等様々な買取依頼を頂きました。
こういったダメージは、大きく市場価値が下がり、買い取って販売しても採算が取れない可能性が高いものです。

お、おおぅ… 金属の露出は厳しいですね…

しかしダメージ部分以外のパーツ、部位がきれいであれば、当該ダメージと部分とを総合的に勘案し、何とか販売出来る!と考えられればわずかな金額ですが買い取らせて頂くことはあります。(ほんとにがんばらせていただいておりますっ!)
ちなみに有償処分はサイズ素材問わず一律15,000円で承っております。

大丈夫です、熱意は伝わっておりますw

ぼくのケースで一番ダメージがひどかったのは旧型ARTEで背中がバックリ割れてしまった例ですが、骨が折れたり飛び出すほどではなく肌の補修自体はできたので、買取価格はほとんどつかないまでもギリギリ有償処分にはならないレベルかもですねー。

そして仮に買取拒否だった場合でも一律15,000円というのも良心的な気がします。
最初は「けっこうかかるなぁー」と感じたのですが、よく考えたらこれ送料込みなんですよね。例えば東京から大阪まで佐川ラージ便220サイズで4,895円です。そう考えると実質の処分費用は1万円ちょうどくらい。

最近のTPEドールは実家への里帰りでも送料負担+処分費用8,000~15,000円くらい取られるのが普通です。それが着払いOKな上、ワンチャン売れるかも知れない、となれば実家へ送り返すより買取査定を選ぶ方も少なくなさそうです。

特殊な例について

ラブドールという感情移入しやすい製品だけに、買取ではなく処分のみでお願いしたい、という例もあるのではないかなと思っています。
見知らぬ誰かの手に渡るよりも、確実に処分してほしい、とか、あるいは人形供養したいなんて例も。

そうした特殊な相談って今までありましたか? また、そうした相談を受けた場合、対応されることはあるのでしょうか。

今のところ弊社には”供養の依頼”や”他人の手に渡るのはイヤだから処分を!”と依頼してこられたお客様はいらっしゃらなかったですね。
ほとんどのお客様は、保管スペースの都合や、引っ越しをきっかけに処分するなど、
処分方法に困って買取のご相談をされる方が多いです!

おっと、これは意外。
メール等で交流している観測範囲ではちょくちょく人形供養の話題はあるのですが、そうか、そういう方々はそもそも買取業者への相談自体しないのかも知れませんね。

特殊な相談というのはあまりないのですが、依頼者様が”親族や第三者”である場合も時々ありますね。
連絡が取れなくなった居住者が放棄したドールを処分したい不動産業者様、亡くなられた所有者さんの相続人様、ご家族の方が所有されているドールの処分を検討されているお客様、などなど様々な経緯でのご依頼がございました。
スナックでの接客練習用に購入した男性型ドールの買取依頼も頂いたことがありました(笑)
所有者様ご本人でない場合は、法的に処分権者であることが認められれば、お取り引きさせて頂いております。

皆さま、高値で売れるに越したことはないにしても、とにかく処分することを優先的に考えておられるお客様が多い印象です。
私どもといたしましても、そういった顧客心理に甘えず、可能な範囲ではありますが出来るだけお客様のお役に立つ姿勢でしっかり買取金額のご提示をさせていただきます!

ヒエッ! 他人事じゃないなぁ…。
自分もいい歳ですし、ドールさんを残したままこの世を去ってしまったら不動産業者さんも困っちゃうよなぁ。
せめて、ドールさんの側に実家(メーカー)とボクLOVEさんへの連絡先を印刷して置いておくかw

オマケ

なるべく聞きたいことだけに絞ったつもりですが、やはり答えづらい質問も多かったと思います。各項目について快くご回答頂きありがとうございました。
最後にブログ読者へ向けて、何かメッセージなどございましたら一言お願いできますか。
もちろんPRやキャンペーンでもオーケーです。

ジジ様のブログ読者の皆様こんにちは!ボクのLOVEDOLLでございます!

一度お迎えしたドールとも、様々な事情により突然お別れの時がやって来てしまうものです。しかしドールとのお別れは人間とのお別れと違って、ひとりで歩いて出ていってはくれません。そこで弊社が諸々のお別れのお手伝いをさせていただきます!

梱包用段ボール無料提供、迅速に査定、査定結果と理由の明示、迅速にお振込、
と誠心誠意ご対応させていただいております。
いきなり発送して査定してもらうのはちょっと。。というお客様にはLINEでの簡易査定もさせて頂いております!(お写真を送信いただくと助かります!)
是非、下記IDを使用しお友達追加をお願いいたします!
公式LINEアカウントID → @950gooah

また読者の皆様へのキャンペーンとして、”査定依頼時のメール本文の冒頭”に
「ジジさんのブログ読みました!」と記載していただければ買取金額を10%アップさせて頂きます!お電話の場合は口頭でもOKです!メール冒頭にしているのは見逃さないためですm(__)m
(有効期間 2021/12/31まで)

新たな出会いのためにはお別れも必要な事がございます。また、ドールの処分方法がわからなければ、自然と購入への敷居も高くなってしまうのではないかとも考えられますので、間接的にドール購入のハードルを下げることも、ある種の弊社の役目ではないかと考えております!

お困りの際は是非とも弊社にお手伝いをさせてください!買取、査定について疑問などございましたらメール、TEL問わずお気軽にご相談ください!
それでは今後ともボクのLOVEDOLLを何卒よろしくお願い申し上げます!

まとめ

え、買取金額10%アップってマジ…? それ、ぼくも使って良いですか?!www

インタビュー記事の最後の文面については

キャンペーン等があればそういったアピールに使ってください。「ジジの落書きを見た」と言ったらオマケが付く、というのでも歓迎ですw

と、わりと厚顔にお願いしちゃってる感じですが、ストレートに答えて頂けると嬉しいですねーヾ(*´∀`*)ノキャッキャ

まぁ、オマケがなくても近いうちにお世話になる気がひしひしとしております(真顔)

前の記事でもチラっと書きましたが、ラブドールのお別れといえばメーカーへの里帰りが基本でしたが、Amazonでポチったり、中国からの直送すら当たり前になった今、いざお別れしようとしたときに、はてさてどうしたものか、って絶対悩むと思うんですよ。

そういうこともあって、Amazonや中国直送のとこから買うのはあまりおすすめしない、と言い続けてきたわけですが、こうした中古流通市場が出来上がってくるのなら話は変わってきます。

より具体的にはyoki 108cmがやっぱり小さすぎたので、130cm以上の子に買い替えたいです…!(心の叫び)

では、そんなこんなで(?)、ぼくと同じように新しいモデルが出たらすぐに手を出したくなっちゃう浮気性なドールオーナーさんはこうした買取業者を活用してみるのも良いのではないでしょうか。

※今回の取材協力店

ボクのLOVEDOLL
https://lovedoll-1.com/

追記

買取金額10%アップのキャンペーンですが、好評に付き2021年12月31日までですってよー! やったぜ!

参考記事:【キャンペーン情報】ボクのLOVEDOLLの買取金額10%アップが延長

関連記事

COMMENT 7

とも  2020, 11. 13 [Fri] 20:40

存在は知っていても詳しくない業種

タイトルの通りの業種のこと、詳しく知ることが出来て、すばらしい記事ですね。
この業界も、いろいろな所にスポットが当たることで、発展しそうな気がします。
古くはYahoo!オークション、最近ではメルカリの存在が、家電や服の新品の購入時のハードルを下げているとも聞きます。
(ダメなら売ればいいや、と思わせる)
中古市場の活性化で、新品も回り始めれば、とても良いことだと思います。

Edit | Reply | 

杉やん  2020, 11. 13 [Fri] 20:50

参考になりました。

実家が閉店して里帰りさせられない子の駆け込み寺になりそうですね。

Edit | Reply | 

-  2020, 11. 13 [Fri] 21:39

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Edit | Reply | 

ジジの落書き(仮)  2020, 11. 13 [Fri] 23:13

To ともさん

つい最近、通販で型番を間違えてポチってしまい、ひとまわり大きな加湿器を買ってしまいましたが、試しにメルカリに出したら買った金額とあまり変わらない額で売れてびっくりw
PCパーツなどもどんどん気軽にリプレースできるので、フリマや買取サービスはありがたいですねー。

To 杉やんさん

アプリコット…ですね…わかります(´;ω;`)

To 匿名さん

完全に同意ですw
最初はあれこれ工夫して独自の色を出そうとしていたようですが、今となってはもうおっしゃるとおりとしか言えないですね。ただ、このままではいけないという認識もあるっぽいので今後の展開に期待しています。

Edit | Reply | 

CQ  2020, 11. 21 [Sat] 20:12

ジジさん こんばんは。

こちらのメーカーさんは私も以前お世話になったことがあります。本当にお勧めできるので、私の体験談を語らせてください。

私もブログやツイッターで可愛い子をみかけると、すぐお迎えしたくなる不治の病を患っております。転生しても治らないことでしょう。
そんな私なので、常にスペースと戦っております。ですがどんなにがんばっても、やはりスペースは有限・・・ですが円満に別れるための手数料は2万円前後。苦慮していた私を救ってくださったのがボクのラブドール様でした。
なんと10年以上前のオリエント工業の娘を驚きの高額で買い取っていただけました!(深夜の通販風)
買い取りの流れも丁寧で、安心してお任せできました。ジジさんもお別れの際はぜひぜひ連絡してみてください。

Edit | Reply | 

ジジの落書き(仮)  2020, 11. 21 [Sat] 21:27

To CQさん

ぼく…転生したら異世界チートでラブドールハーレム作るんだ…………あ、今と変わんねーや!

CQさん、実体験に基づく例を教えてくださりありがとうございます。

そうなんですよー。送料で4~5,000円かかる上に処分費用も取られるとホント馬鹿にならない金額がとんでいきます。そのお金があればコスプレ衣装の一着も買えるというのに…!(血涙)

記事中にコソっと書きましたが、108cm(実測105cm)の子がやはりちょっと小さすぎて他の子たちと衣装の共有が難しいため、も少し大きい子を物色中です。そのため、早ければ来月くらいにはボクLOVEさんのお世話になるかなぁーと考え中です。

Edit | Reply | 

杉やん  2020, 11. 21 [Sat] 22:28

衣装の共有

衣装の共有できればよかったんですよね。内の100くらいの娘です。ボディのみの画像ですがボディ大きさは首元から踵まで75cm程度です。クリアストーンの魔女の宅配屋さんキッズ120と洋館メイドキッズ100です。平掛けですが参考にどうぞ。https://photos.app.goo.gl/6hZskFZs9qZMmHzt6

Edit | Reply |