ジジの落書き(仮) ~ラブドールのレビューとか口コミとか何か色々~

2019年7月と8月のアクセス解析

8月は自分でもドン引きするくらい記事を投稿してしまったので、例の30日更新がないと出てくる広告に怯える必要もなく、月間レポートは省略していたのですが、せっかく6月までは毎月投稿していたしなぁ…ということで7~8月分をまとめてレポートします。

※8月投稿した記事一覧

お迎えレポの掲載もしていないし、ラブドールのFAQ的なことはラブドールのまとめカテゴリに集約しているし、あとは他のドーラーサイトにお任せと思っていたのですが、いざ自分が次のドールさんどの子にしよう、と情報を探し出すと、かゆいところに手が届かない…!!

個人的にAXB DOLLのロリボディが気になったのでまとめてみた」なんてまさに自分のためにまとめた情報ですが、こんなのなぜメーカーサイトにまとまっていないのか。ロリボディだから掲載しづらいとかなのかもですがw

どうもメーカーが用意する写真って、「どや、かわいいやろ?」という決めポーズや、到底一般人では住めないような邸宅での撮影が多いような気がして、「夢を売っている」といえばまぁそのとおりなのですが、そういうのって女性向けな気がするんですよねー。

ほら、うちって実家が婦人服店だって何度か書いてるじゃないですか。
女性向けには夢を売るのが一番効率が良くて、到底一般人ではないスタイリッシュなモデルや、マネキンを使ったり、足が長く見える鏡を使ったり、その場しのぎで感情を煽るような売り方が一番売れるんですよ。

こういう書き方するとあくどい商売のようですがw 逆に理路整然とスペックデータを並べた服飾店なんて実際見向きもされないのです。だから、ある意味、需要と供給のバランスが取れてるって思うんですね。

でもラブドールってそういうものなのかなぁ。ゆーてもアダルトグッズでしょ?という感覚がどうしてもぼくにはあります。

メーカー側が、アダルトグッズだけじゃないんだ、家族として付き合っている方もいるんだ、写真モデルとしても素晴らしいんだ、みたいなことをアピールするたびになんだかどんどん冷めた感情になってしまうような。

この感情はなんなんでしょうね。こう、「最新のダッチワイフはこんなにすげえ綺麗なんだ?!」という驚きから、「ダッチワイフを撮影して楽しんでる変態どもがおるwwwしかもけっこうかわいいwww」という意外性からくる魅力が、どんどん薄れてしまうというか。

………うん、まとめると「そういうの良いから、素っ裸で360度確認できる写真用意してよw」というだけの話でした(*ノω・*)テヘ

2019年07月~08月のアクセス解析



201907_access_01.png

201908_access_01.png

過去の月間PV
2018年06月:約12.8万PV (17,577人)
2018年07月:約12.6万PV (16,642人)
2018年08月:約12.1万PV (15,667人)
2018年09月:約11.6万PV (15,482人)
2018年10月:約11.6万PV (15,823人)
2018年11月:約12.3万PV (16,143人)
2018年12月:約11.7万PV (17,686人)
2019年01月:約11.6万PV (19,129人)
2019年02月:約 8.6万PV (16,035人)
2019年03月:約 9.3万PV (17,090人)
2019年04月:約 8.5万PV (15,686人)
2019年05月:約 9.1万PV (16,875人)
2019年06月:約 8.2万PV (15,755人)
2019年07月:約 8.5万PV (17,056人)
2019年08月:約 9.7万PV (16,736人)

月間ユーザー数は特に変わらず、16,000~17,000人ですが、投稿数の影響でわずかにPV(ページビュー)が増えた感じでしょうか。

最近、ドーラーさんに直接お会いすることが多くなり、意外とサイト運営に興味を持っている方が少なくないこともわかりましたので、軽く解説しておきます。

うちのブログはいわゆる特化型ブログというもので、特定のジャンルに特化した記事を投稿する形式です。名称まんまですね。

更新のない月は新規ユーザーとリピーターの比率が4:6くらいですが、更新が増えると3:7くらいにリピーターが増えます。これはラブドールに限らず、ジャンル特化型ブログではけっこう一般的。逆に、リピーターの比率が極度に少ない場合はジャンル特化型のサイトとしての魅力に欠けている可能性があるので、情報量を増やしたり記事を見直すと良いでしょう。

SEO対策に興味がある方もいるようなので、これにも触れておきますが、うちのサイトでは今は一切対策をしていません。ブログテンプレートに手を加えれば今より順位が上がることはわかっているのですが、1ページ目より2ページ目に表示されたい、という考えからです。
※昔は癖でSEO対策をしていたので「小学生 バレエタイツ」などで上位表示され、予想外の訪問者を招き入れてしまっていたので辞めました

たいていの人は1ページ目、それも最初の2~3件目に表示されたサイトをクリックするでしょう。

2ページ目まで探すなんて、もうかなり本気じゃん?w 訪問されるのはそういう熱心な方々だけで良いので、そんな感じ。

なかなかアクセスが増えない、という相談を受けたこともあるので、最近は厳しくなったのかなぁ、とためしに実験サイトを立ち上げてみましたが、10ヶ月運営してみたところ、ジジの落書き(仮)よりアクセス数が増え、更新もしてないのに尚も増加中なので、やっぱり昔からアクセス増加の方法は変わってないようです。
(というより10ヶ月すら我慢できない人のほうが多いのかもしれない)

運営しているサイトにアクセス数が欲しければ、
・1ページあたり1000~2000文字程度の有益な情報を発信する
・最低でも100ページ以上の情報を公開する
・キーワードを無駄に端折らない (ラブドールをラブド、などと略すと検索エンジンが理解しない場合がある)
・適切なタグを使う

これだけです。

長年、たくさんのサイトを運営しているので、実はもっと隠れたテクニックがあるのではないか、裏技的なことを教えてほしい、という人もおり、まぁそういうのもなくはないのですが、そんな小手先の技より、それやる時間で1ページ投稿したほうが費用対効果は高いです。

もしラブドールメーカーの中の人がここを読んでいるようでしたら、新規ドーラーさんが増えるような有益な情報発信をぜひともお願いします。

2019年07月~08月の検索キーワード



201907_access_02.png

201908_access_02.png

ぼくがcatdollを真剣に検討中ということもあり、ちょいちょい記事中に名前を出すせいか、catdollの検索キーワードが増えていますね。同様に8月はAXB DOLLのロリボディ一覧をまとめたので、AXB DOLLでの検索数も増えています。

あと、sino dollが出てきたのはベルドールのインタビュー記事の影響かしら。

ちなみに知り合いのドーラーさんは既にお迎え済み(Sanhuiと合わせて3体同時!)なので、sinoやSanhuiが気になっている方はこちらのページへどうぞ。
https://dohentaicyujoh.web.fc2.com/

ご本人いわく、文章が得意でないということですが、実際は気さくで話しやすい方なので、気になることがあれば聞いてみると良いかも。

まとめ


あいかわらず月間レポートというより余談のほうが多い雑談記事となってしまいましたが、こんなところまで読んで頂きありがとうございます m(_ _)m

TPEドールの登場により、知る人ぞ知る的な趣味から、もっと一般層にまで広がってきている気配がします。

Twitterでもつぶやきましたが、古参のドーラーさんにはW-ZERO3を持っていた人が多くて驚きました。一見何のつながりもないように見えるかもですが、W-ZERO3という変態端末には携帯サイズで(モバイル版だけど)Windowsが動く、PCと同じサイトが見られる、という他社にはない明確なメリットがありました。そして、その明確なメリットのためなら高額な端末でも購入しちゃうユーザー。

なんだかラブドールと似ていませんか。60万70万という金額は決して安価ではありませんが、そこにしかないのだから仕方ない、と思わせてくれた国産フルシリコンの功績はやはり大きいです。

そして、そのシリコンドールを半額以下で提供しはじめたアルテトキオ(Ex Doll)もすごいし、素材をTPEにすることで10万円台で購入できるようになったTPEもすごい。

ただ、これだけ増えてくると、じゃあ他との違いは何だろう。何を理由にお迎えすれば良いのだろう。

お顔? もちろんそれも大事。だって人形だもの。

でもさ、どれだけ大事にしていても今のシームレスドール(TPEやフルシリ)は…言い方は悪いけれど使い捨てに近くなってしまうよね。安価なドールは骨格の作りが甘いのかグリップの低下が早いし、高価なシリコンドールでも脇裂けや股裂けと無縁ではいられません。それが個性だから良いじゃないの、という人ももちろんいるけれど。

メンテナンス性を考えて布製で、あるいは球体関節で等身大を作ろう、という個人の人もいるし、もうすぐパラボックスから80cmのソフビ製等身大ドールだって発売される。(これはラブドールではないけれどw)

等身大サイズのドールといえばオリエント工業一択だった時代からするととんでもなく選択肢が増えた今日この頃。10年前に夢見た時代がやってきたようでワクワクが止まりません。

一度ラブドールをお迎えした人は次のお迎えのハードルが下がるのは周知の事実。その購買意欲がまたメーカーを刺激して開発が進むハズ。

これからどんなドールさんが生まれてくるのかとても楽しみです(*´ω`*)

関連記事

COMMENT 1

杉やん  2019, 09. 22 [Sun] 22:51

パラボックス等身大

気になりますね。まあ最近ももちゃんともこちゃんお迎えしたんで当分お迎えは予約した1/3東北ずん子ちゃんドール(きういどーる)ですかね。ふぇありーふぇいすあすかもお迎えしたんですがふぇありーふぇいすより梱包雑で歪んでいて耳の付け根少し亀裂入ってましたね。

Edit | Reply |